カフェオレの魅力

甘くてのみ安いのがカフェオレの魅力だとおもっています。

ノーマル

朝からとっても気温もちょうど良く心地よさ感じます。暖かくて掛け布団から出るのがつらいです。

会社側の代田橋駅の近くにある、馴染みのある店でご馳走になりました。

10代の女性が目立ち、慌しいけど、楽しい場所です。

多少普通よりコクがあるので、食がすすむものがほとんどでした。

スタッフをあまり雇ってないので、少し応対に注意を払って欲しかったです。

OLがほとんどなので、無音の場所にいたいのであれば、違うお店にするほうが賢いでしょう。

広告を非表示にする

フレンチについて

オフィス側の矢野口駅出口のかつて常連であった料理店で食事をしました。

飲食店内で聞こえるクラシックもやすらぐから、ムードが良いのだと思いました。

品定めに定着があります。

ひときわフレンチがドストライクでした。

料理をお願いしたら、すぐに料理人が動いてくれるのには、さすがだと思いました。

学生が大勢いるので、無音のムード期待しているなら、諦めた方がおすすめできます。

広告を非表示にする

あんこうについて

オフィス側の用賀にある、昔からいく店でランチをしました。

姉妹や彼氏と来る人が居るのをよく見ます。

打ち上げがしたくなるような空気感があります。

あんこうは食べやすさが印象的です。

口に入れたくなると思います。

オーナーは、男気があって、食材にも詳しい方でした。

打ち上げをしようと考えている方にも、食事も凄いのでやりやすいと思います。

広告を非表示にする

ピザ

いつもいく分倍河原の店は、知人と訪れてもいいし、打ち合わせでも使える感じがありました。

店内は魅惑の香りがしてました。

ピザを食べてみたんですが、柔らかくて食べてて安らぎます。

きびきびとしていて丁寧に挨拶をしてくれたので、シェフのイメージがひっくるめて優れていました。

お店自体が明るいので、どうせなら、たくさんで行ってみるのもオススメです。

広告を非表示にする

インデペンデンス・デイ好き

インデペンデンス・デイを観たけど心待ちにしないで興味を持ったのがよかったのか、案外話に味があって好きになってしまいました。

頭の使う物語りでした。

インデペンデンス・デイは1位になると思います。

ウィル・スミスが出ているインデペンデンス・デイを観て、この作品だけではなく、ウィル・スミスをこれからも応援しようと心の中で思いました。

インデペンデンス・デイは次の場面が読めてしまうのでウィル・スミスの表現力がいまいち輝かない風に思えました。

ボーン・コレクターについて

ボーン・コレクターは、エンディングのあとも、当分残りました。

興味のあるボーン・コレクターを観たんだよね。

思ったとおり、様々な人に喜ばれるストーリーなのだと思いました。

デンゼル・ワシントン主演のボーン・コレクターは表現力が凄いと株が上がり、幅広く鑑賞される作品へと変わっていきました。

少しだけボーン・コレクターの展開がお手上げでした。

そんなことより、デンゼル・ワシントンが素敵で見惚れます。

デイジー

今日みたいな晴れた日には、洗濯物や毎日干せないカーペットが干せて気持ちいいですね。掃除を急いで片付けて、いつもよりも離れた場所まで買い物に行きたい気分です。

クローゼットの中の今持ってる服のデザインがダサくて友達とアニタアレンバーグに行くことに。

アニタアレンバーグのプリーツブラウスは、コーディネートが難しいというイメージあるいけど、そんなに気を使わなくてもロングブラウスならどんなものでも合うから気軽に着れます。

アニタアレンバーグのプリントワンピースは可愛くも、大人っぽくもあり、両方いける雰囲気があるから、パーティーだけでなく、会社にも着ていけると思います。

アニタアレンバーグで服を買った翌日は、会社に行くことも待ち遠しくなります。

デイジーは展開が刺激的で、圧倒的なシーンがわんさかありました。

新作コーナー絶えず見極めをします。

それ程詳しいわたしが好きなのはデイジーと言うものです。

映画の中にチョン・ジヒョンが出てくるとデイジーはもちろんですが、毎度3回は見ないと理解できません。

少しだけデイジーの構成がお手上げでした。

ですが、チョン・ジヒョンがかっこいいです。

広告を非表示にする